(白露)赤とんぼを追いかけ回す季節(2016年9月7日~9月21日頃)

★Merry Christmas!
この世界は神秘に満ちています
あなたは人生をどう楽しみますか?
Family at Christmas dinner at home

★二十四節気を感じる生活

2016年9月中心カレンダー

平成28年(2016年-秋の節気)

●立秋(8月7日~8月22日)そろそろ秋の気配が感じられるころ
●処暑(8月23日~9月6日)暑さが少し和らいでくるころ
●白露(9月7日~9月21日)大気が冷えてきて露を結ぶころ
●秋分(9月22日~10月7日)昼夜の長さが同じになるころ
●寒露(10月8日~10月22日)露が冷たく感じられるころ
●霜降(10月23日~11月6日)朝夕に冷え込み霜が降りるころ

★白露(はくろ)の節気★

(2016年9月7日~9月21日)

●初候(9月7日~9月11日)草露白(くさのつゆしろし)
●次候(9月12日~9月16日)鶺鴒鳴(せきれいなく)
●末候(9月17日~9月21日)玄鳥去(つばめさる)

白露(はくろ)とは、大気が冷えてきて露を結ぶころの季節のことです。ようやく暑さも引いていき、本格的に秋が訪れるのもこれから先です。まだまだ30度を超える日もあるでしょうが、35度を超えるような猛暑日はほとんどなくなります。

空を眺めると、夏の雲から秋の雲に移りゆくのを感じることができます。ニョキニョキっと頑張っていた入道雲も影をひそめ、気づけば空全体も秋の気配になっています。

地上では、まつむしすずむしが色とりどりの音色を奏でています。冷房をかけなくても快適に寝られる季節ですので、たまには虫や草花を意識してみてください。虫たちのヒソヒソ話しが聞けるかもしれません。

Fotolia_86232269_XS

(重陽の節句)

9月9日は重陽(ちょうよう)の節句です。重陽の節句とは、別名「菊の節句」ともいわれています。長寿を祈り、そして命を尊ぶ日、として江戸時代に定められたものです。

菊の最盛期は10月中旬なのですが、これは新暦と旧暦の違いによりズレが生じているためです。

(重陽の節句の由来)

最近の若い人は重陽の節句を知らない人が多いというデータがありました。(チョット悲しいので知らない人は覚えてください)

●日本には五節句といわれる式日があります。これは江戸時代に定められたものですが、1月7日人日の節句(七草粥)、3月3日上巳の節句(桃の節句)、5月5日端午の節句7月7日七夕の節句9月9日重陽の節句のことをいいます。

つまり重陽の節句は今年最後の節句になります。今では五節句の中でも影が薄くなっていますが、昔は一年を締めくくる最後の節句としてかなり盛んにお祝いされたそうです。

(白露の旬の食べ物)

旬の食べ物は魚介類や海藻類ではしまあじ、あわび、昆布など、くだものや野菜ではイチジク、クリ、ナシ、なすなどです。この季節になると秋を感じさせる食材が多く出回ってきます。涼しくなったところでたくさん食べて夏の疲れを回復したいところです。

もう一つ、秋といえば秋の七草が有名です。しかし残念ながら秋の七草は食べられません。なぜなら秋の七草は観賞用として選ばれたものだからです。私は大人になるまで、秋の七草もお粥にして食べるもの、と誤解していました。(汗)

現代は「食欲の秋」なんて言いますが、万葉の昔は「鑑賞の秋」だったのかもしれません。こんなところにも古き良き日本人の心を感じることができます。

秋の七草 ⇒ 萩(ハギ)・尾花(オバナ)・桔梗(キキョウ)・撫子(ナデシコ)・女郎花(オミナエシ)・藤袴(フジバカマ)・葛(クズ)

(玄鳥去―つばめさる)

白露の中の末候のころ、ツバメが南に帰るころですよ、という意味からこう呼ばれています。

春先に日本にやっきた渡り鳥も、冬になると南の国に帰っていきます。来年の春までしばしのお別れです。

ツバメなど秋になると南に帰る鳥は分類上「夏鳥」と呼ばれています。

Fotolia_85590552_XS

夏鳥 ⇒ 繁殖のために日本より南の国から春になると渡ってきて、夏を日本で過ごし、繁殖期が終わると越冬のために南の国に帰っていく鳥。ツバメ、アマサギ、オオルリ、キビタキなどが有名です。

渡り鳥の中には32000kmもの距離を移動するキョクアジサシハシボソミズナキドリなどがいるそうです。「疲れないのかな~」なんて考えるのは私だけでしょうか。それにしてもすごい距離ですね。(ビックリ)

私たちの知らないところで(みんな)頑張っているんだな~、と妙に感動してしまいました。

(まだまだ収穫の最盛期)

地域によっても異なりますが、まだまだ田んぼが黄金色に染まっているところも多いのではないでしょうか。稲刈りの時期は地域によってまちまちで、稲刈りの最盛期が最も早いのは沖縄県の6月27日、最も遅いのは群馬県の10月16日なのだそうです。(厚生労働省統計資料より)

そろそろ新米の流通も本格的になってきました。食欲の秋に向けて美味しいものをたくさん食べたいですね。

(雑穀のすすめ)

わが家では10年以上前から雑穀米を食べ始めました。最初は押し麦だけの1穀米からスタートしましたが、やがて5穀米、8穀米、15穀米、18穀米とエスカレートしていき、いまでは21穀米になっています。

さすがに21穀は入れすぎなんじゃない?と思いましたが、食べてみるととても美味しいのです。穀物をバラバラに購入して好みでアレンジしていた時期もありますが、管理するのも大変なので最近は配合されているものを購入しています。

健康維持にも推奨されている雑穀米、毎日美味しく食べられるなら最高だと思います。(下記参考にしてください)

DSC_0176

 【未来雑穀】 もちプチ食感と美しい彩りを追及した雑穀21

立秋から霜降にかけてはどんどん秋が深まっていきます。旅行、グルメ、すべてにおいて一番楽しい季節だと思います。先人の知恵と恩恵をいただきながら、みどころ、食べどころ満載の秋を楽しみましょう。

(もっと)旧暦のある暮らし
★日本の七十二候を楽しむ★大切にしたい、にっぽんのくらし
●アマゾンでベストセラー1位の本です。旧暦の季節感で旬の食べ物や季節の花鳥、行事などを紹介しています。イラストもとても素敵なのです。●とにかくイラストがかわいいことと、手書きの文章が最高に素敵です。季節ごとの行事や風習だけでなく、トライできる風習なども取り入れた入門書です。


amazon
Amazon
楽天Book楽天Book
------------
★ありがとうございます★
------------
ブログ村スピリチュアル部門PV数で1位になりました。
1ヶ月10万PVを超える多くの方がこのブログを訪ねてくださり感謝しております。
もっともっと多くの人にこの世界の真実を知ってほしい・・・
そんな願いをこめてご支援(クリック)をお願いしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
★お金と愛情問題を一気に解消ブレスレット★

⇒ ヴィシュヌ&ラクシュミーのブレスレットはこちら
お金と愛情パワーストーン

  記事カテゴリーはこちらです
■いろいろな気づきをまとめています

(新)気づきのブログ

■人気のカテゴリーはこちらです

新カテゴリー密教・真言・印

(新)護符・おまじない

神との関係を考える(400×50)

(新)ワンネスとディクシャ

(新)チャクラ瞑想を体験する

■おすすめのカテゴリーはこちらです

(新)愛の願いを叶える

(新)お金の願いを叶える

(新)ムーラマントラ

(新)パワーストーン

(新)引き寄せの法則

■私が読んだスピリチュアル書籍を紹介しています

お気にいりのスピリチュアル関連書籍

■開運・癒しグッズやお店を紹介しています

お気に入りの開運・癒しグッズ

おきい入りのスピチュアルショップ

■輝く人生のためのカテゴリーはこちらです

輝く人生のための健康(食事編)

輝く人生のための健康(学び)

■学びのユーチューブ・癒しのユーチューブはこちらです

おすすめユーチューブ(新カテゴリー)

カテゴリー(私のハートを癒す音楽たち)

■覚醒と光と闇の体験はこちらです

■私のツインレイ体験はこちらです

(新)カテゴリーツインソウル

■その他の体験コーナはこちらです

(新)不思議プチ探検

(新カテゴリー)さとり

季節を感じて生きてみませんか

幸せになること全部のせちゃいます

■その他のカテゴリーはこちらです

(新)私の好きな言葉

新カテゴリー風水

(新)すべてのイベントを楽しむ

新カテゴリー(心の地図)

人生が180度変わる真実の教え(カテゴリー)

(新)不動明王の威力

(新)モノに宿る命

(神)クリシュナ神

(新)アーユルベーダ

サブコンテンツ

このページの先頭へ